肌の汚れ シミ

MENU

シミをとる化粧品だってお肌の汚れを落としてから!

シミを取りたい、シワを伸ばしたいと色々なクリームや化粧品を使います。
でも、しっかりお肌の汚れを落としてからじゃないと、どんなにすばらしい美容液も化粧水も効き目は半減!

 

半減どころか、汚れでカバーされてしまって全然浸透しないかも!

 

くすみがとれるだけで印象も全然ちがう!

 

くすみ洗顔

 

ふつうの洗顔料と、くすみ対策用の洗顔料の違いを知りたい方はこちらをチェック♪

くすみ洗顔

二十年ほいっぷ

 

 

肌の汚れの種類

 

お肌の汚れには、色々なものがあります。

  • チリ・ほこり
  • 皮脂
  • メーキャップ
  • 老化角質(垢)
  • 排気ガス
  • タバコの煙

 

これらのものをしっかり落としてから美白化粧品を使ってしっかり浸透させましょう。
きちんと落としていないと、せっかくの効果が得られません。

 

チリやホコリだけならお湯でも落ちます。でも、皮脂やメーキャップは専用のクレンジングやW洗顔で落とす場合がほとんど。各メーカーさんでおすすめの洗顔方法があります。特にベースメイクは落ちにくいので、お使いの化粧品に合わせた落とし方があります。

 

垢と呼ばれる老化角質を落とすのためにふき取り用化粧水を使ったラインを取り揃えているブランドシリーズも多いですよね。

 

また、この老化角質がくすみの原因になるので、くすみ用洗顔石けん『二十年ほいっぷ』などで、毎日意識して汚れを落とすだけでも明るい肌になりますね。

 

 

ピーリングやふき取り化粧水はほどほどに

ふき取り用化粧水や、ピーリングと言われる角質取りは皮膚を薄くしすぎてしまうこともあるので決められた以上お手入れするのはやめましょう。

 

ふき取り化粧水で肌が明るくなるのは、古い角質が取れるからです。やりすぎるとお肌を痛めてしまいます。

 

 

排気ガスや煙草の煙などは、皮膚の上からかかるだけではお肌への影響がそこまで多いわけではないと思いますが、体の中に大量に取り入れる生活を送っているとお肌にもいいことはないので、なるべくきれいな空気なところで生活したいですね。